20代になって変わったこと

 

去年から、肌は顔だけではなく身体全体だと感じています。

 

10代の頃は時々出来る吹き出物に悩む程度でしたが、20代も後半になると出来た吹き出物が10代の頃と違ってとにかく遅い!

 

背中などに出来た場合は気付きにくいですし、顔は顎やこめかみが多いです。

 

肌質が変わった瞬間について

出来た日には気分も沈んでしまうので、やっぱり年を重ねても肌は自然に綺麗でいたい・・・。

 

肌の綺麗な人は、それだけで魅力的に映ります。

 

あと、化粧品を買う際にカウンターでBAさんから言われた乾燥・日焼けについても気にするようになりました。

 

乾燥は本当に10代の頃より自分でも気になっていたし、日焼けは気を付けているつもりでしたが、手を抜いてしまう日もあったのでシミの事を考えるときちんとしなければ、と思っています。

 

スキンケアは色々試しましたが、とにかく値段より量を使えなければ意味がない、と気付き、ニベアの青缶を愛用中です。
顔だけではなく全身に使えるので、柔らかめのボディクリームには混ぜて使っています。

 

食事は和食中心にチェンジしました。

 

ジャンクフードや油物を食べると、次の日吹き出物が出来るので・・・。

 

それでも脂を抜きすぎてもカサカサで乾燥が酷くなり、老けてしまうのでオリーブオイルなどは生野菜にかけて食べたりしています。

 

睡眠時間が短いと、それだけで身体も不調を訴え、それが肌に出る事も分かったのでなるべく安眠・熟睡出来るようにカフェインを抜いたり寝具や寝る前は携帯を触らないなど、普通の事ですが今までして来た事をやめる事で随分改善されました。

 

お風呂は短い時間でも浸かる事。

 

冷えと浮腫みは老ける一方なので、胃に良くない食材はなるべく摂らず、腸内環境を整える事に気を付けています。

 

同じく20代から肌のテカリや荒れが悪化したケースについて

 

肌質の悩みで言えば混合肌なので、ファンデーションを塗っていても日中になるとTゾーンは脂が浮いてきて、Uゾーンは割と乾燥気味な所が悩みです。

 

特にTゾーンは脂を抑えても皮脂は次から出てくるという感じです。

 

その悩みは20歳になるくらいからなので7年ほど前からです。

 

特に夏は、汗をかくこともあり脂浮きが激しいです。

 

マットな肌を目指しているので、光沢感は必要ありません。

 

人からもテカっていると思われるのも嫌なので治したいですね。

 

脂が浮くと化粧も取れますし、脂を取ってまた化粧直しという手順や手間も惜しいです。

 

どうしたいかというと、Tゾーンの脂浮きを元から抑え、化粧直しをしなくても大丈夫な崩れ知らずな肌を目指したいです。
対策としては、まず洗顔後のお手入れです。

 

化粧水でたっぷり保湿をし、クリームで蓋をする感じです。

 

そのクリームは最近巷で評判の、ニベアの青缶を使っています。

 

肌質が変わった瞬間について

ニベアは手などのクリームですので最初は抵抗がありましたが使っていると慣れてきて肌にトラブルなく使えているので、今後も使っていきたいと思っています。

 

そして、日中は季節に関係なく日焼け止めを塗っています。

 

日が強い時は飲む日焼け止めも併用しています。

 

食事に関しては、3食きちんとですとか、野菜たっぷりなどは私には無理があるので、できる範囲で食べれるときに野菜もとったりして気をつけています。

 

ただ私はお菓子などの甘いものが好きなので、本当はそれも控えていけばいいのでしょうが、それだと逆にストレスになってしまい返って悪循環になる気がするので、食べ過ぎには注意しつつ甘いものも食べています。

 

1番の敵はストレスだと言い聞かせています。